岡山では自分で車検を取れる

車検を岡山で取るためにするべき方法とは?

車に乗ってから初めての車検で、どうすればいいのか分からない…。と言われる方が多いのではないでしょうか?
車検を行ってくれる販売店が岡山にはたくさんあります。そこでここでは車検が初めての方のためにするべき方法等を詳細に紹介していきます。

車検という言葉を聞いた事がありますか?

車を所有していると必ず訪れる車検。新車購入後は3年、それ以外であれば2年ごとに受ける必要があります。
そもそも車検とは「自動車検査登録制度」の略で、安全で公害の少ない交通社会を生み出すために自動車1台1台の保安基準に適合しているのかを定期的に検査する制度です。
車検切れの状態のまま公道で走らせて警察に捕まってしまうと罰金を取られたり、免許取り消し処分になったりする事があるので注意が必要です。
車の車検は岡山にたくさんあるカー用品店やガソリンスタンド等のお店で点検や整備と同時に行う事が一般的ですが、専門的な知識を持ちあわせているのであれば自分自身で行う事もできます。少しでも費用を抑えるためにインターネットでも予約ができる場所も増えてきていますのでそれらを使う方法も1つあります。

自分で車検を取るためにすべき方法とは?

岡山ではお店で頼む事なく知識があれば自分自身で車検を取る事も可能です。その際には車検ナンバーが登録されている管轄の陸運局へ愛車を直接持ち込みます。その際に税の納付と自賠責保険の更新手続きを行い、「自動車損害賠償保険責任保険証明書」を発行してもらいます。
これらが終わると陸運局事務所で車検の予約手続きを行うのですが、車検初めての方はいろいろと戸惑ってしまう事があるので別の日に行った方が安心して車の検査を行う事ができます。
この検査の前には車のタイヤの溝と電気系統は確認しておいた方がおすすめです。また車の下部点検もありますので、人目にはなかなかつきにくい部分の汚れを少しでも落としておくと一発で車検に合格する事ができます。

車検にはいろいろな方法がある!?

岡山で車を車検をするためには1日車検や代行車検、ユーザー車検等いろいろな車検の方法があります。
その中でも1日車検とは朝に自動車を持ち込む事ができれば夕方には車検が終わった状態の車を受け取る事ができる車検の事です。指定の工場で保安基準適合証と保安基準適合標章を受け取った後、15日以内にそれらを運輸局に提出すると車検証が受け取る事ができます。
またガソリンスタンド・カー用品店車検とはそれらのお店で受ける車検の事でいろいろなサービスを受ける事ができます。しかし費用や整備をしてくれる内容が違い、認証工場であるのかを確認する必要があります。
岡山で初めて車検を取るためにはいろいろと分からない事もある事だと思いますが、その時には陸運局や近くのカー用品店で相談する事がおすすめですよ。