岡山にある車検場の違い

車検を岡山で受けられる店舗や工場について

車検が受けられるところが岡山には多数存在しています。ところがこれらはすべて同じではないですし、場合によっては金額にも大きな差が出てしまうこともあるため、違いについて勉強しておくと、自分に合ったところが見つけやすくなるかもしれません。

指定工場とは何か

岡山の街中を歩いていると、指定工場という看板を掲げた施設を見かけることがあります。
これは陸運局に代わって車検を行うことができる場所であることを意味しています。当然、車の各部分を検査するための機械などがそろっています。
ディーラーなどの多くも指定工場を持っていて、自社で作ったものを主に受け付けているのですが、メリットは何と言っても誰よりもその車に精通している点が挙げられます。最近の車は独自の技術が使われたり機械が搭載されていたりする関係で、個人でやっている修理工場では故障箇所を特定するだけでも一苦労といったことが起こります。ところがディーラーの指定工場ではそのような心配が減らせますし、部品をわざわざ取り寄せる必要がないなど何かと便利です。

認定工場に持ち込むなら

カー用品店やガソリンスタンドでも車検を受け付けている場合があるので、お願いした人も多いでしょう。
岡山にあるそれらの店舗は、認定工場ということになるケースが多く、事前に車の点検はしてくれるのですが、それだけでは車検に合格したことにはなりません。その理由は指定工場とは違い専用の設備を持っていないからで、不備がないことが確認された、あるいは修理や交換をした後で改めて陸運局に持ち込み、検査にパスする必要があるわけです。
場合によっては合格できなかったらまた店舗に戻ってきて整備をして、また車検を受けるといった作業を繰り返すことになりますから、もしかすると事前に聞いていた見積もり金額を上回る可能性もゼロではないのです。

なぜ料金の違いが出るのか

車検を岡山で受けるとなった際には、いろんなところに車を持ち込んで見積もりをしてもらうのがおすすめです。
比較してみるとわかるのですが、金額に違いがあることに気がつくでしょう。中には安さを売りにしている店舗も珍しくありません。
実は車検というのは、重量税や自賠責保険、印紙代などといった金額は車種によって決まっているので、値引きをするのは難しいです。では、どこで差が出るのかというと、単純に工賃を下げている場合や交換する部品を中古にしているなどが考えられます。納得した車検を受けるためには、他社より安くなる理由を聞いておきましょう。そして多くのところで話を聞くためにも、時間に余裕を持っておくのがポイントです。